色彩アートセラピー

~アート表現で心のケアを~

人とのコミュニケーションの中で、言葉で思いを表現する、ということは大事なことです。
でも、頭の整理がつかないとき、感情が揺れているとき、何と言っていいのか分からない。
また、空気を読んで言葉をのみ込み、思いをのみ込み… 表現することをやめてしまう。
そんな、思いや感情を溜め込むこと、ありませんか。

人間関係が上手くいかない、情報に翻弄される、ストレスを感じる、モヤモヤする、など
心や体に疲労が蓄積されると、元々持っているはずの自分の感情や心の動きを感じ取る力が弱くなってしまいます。
生理面でも心理面でも、大なり小なり溜めたら外に出すといった循環が必要です。
食べたり飲んだりしたら意識するまでもなくしているように、滞ったら健康を害してしまいます。
心の循環も同じです。

絵を描いたり、ひたすら色ぬりをしたり、と、自由気ままに「今、自分がぬりたい色を思いっきり使う」
それだけで、感情の循環がよくなりストレスも解消されます。
自由に色彩を表現することは、心が和らぐ効果のみでなく、複雑な心の動きを
自分自身で見つめることに役立ちます。

他の誰でもない、たった一人の自分の存在を確かめ、深く知るための心を映し出す鏡として
色彩アートセラピーや色彩心理カウンセリングをご利用ください。

 

こどもアートセラピーこどもアートセラピー

 

 

 

 

おとなの色彩セラピー色彩セラピー